食道のがんと食事管理

医者

食道がんの治療では、手術後の食事がとても大切になります。手術が成功しても栄養が不足すると回復が遅くなるので、食べやすいように工夫をする必要があります。食事療法として医師から指導を受けることもあるので、医師に相談しながら行なうとより良いでしょう。まず料理をする際に食材を柔らかく煮たり、水溶き片栗粉やとろろ芋を混ぜるなどをします。片栗粉やとろろ芋を混ぜるとのどごしが良くなるため、術後でも飲み込みやすくなります。また、寒天やゼラチンでとじるといった方法も食べやすくなります。避けた方が良い食材は乾燥しているものやかたいもので、海藻類も喉につまらせやすいので避けた方が良いです。食べる側の工夫としては、よく噛むことです。量は少量で徐々に増やしていき、3ヵ月ほどかけて通常の量に戻します。また、食事の量が少ない時には1日の食事回数を増やすと栄養がちゃんと摂取できます。

食道は食べ物を運ぶ場所なので、食道がんになった時や手術後は食欲がなくなることが多いです。しかし人間は食事から栄養を摂取する生き物なので、食事が食べられないと栄養が不足するので体の機能が衰えます。食道がんに向く食事を作るのは大変だと思う人もいると思いますが、そのような人のために栄養と病状を考えた食事を届けてくれる宅配サービスがあります。食事管理が必要な病気全般に対応しているので、食道がんの場合は食道がんの人でも問題のない食事を提供してくれます。栄養管理士などがいる会社で作られているので、栄養面や食べやすさがちゃんと考えられています。医療に関連しているサービスなので、衛生面も大切にされています。ただこれらの食事の際、医師からも指導があるかと思いますが、手術で食べ物の逆流を防ぐ役割だった噴門と呼ばれる器官を切ってしまうことも多いため、食べた後にすぐに横にならないといったことも大切です。

Copyright ©2015 キリキリと痛むその理由を追求しよう|胃がんに効果的な治療を伝授 All Rights Reserved.