初期症状と外科療法

病棟

肝臓がんの初期症状は倦怠感や疲労感です。異変を初期に察知すれば、発癌してすぐに手を打つことができます。肝臓がんの治療法では、外科療法が人気を集めています。3分の2を切除しても肝機能を残すことが可能で、数ヶ月すれば元のサイズまで戻ります。外科療法以外の治療法も多く、必要以上に悲観することはありません。

詳細を確認する...

食道のがんと食事管理

医者

食道がんは食べ物を運ぶ食道に発生するがんなので、生命維持に関係します。特に手術後は飲み込みづらいので、食べやすい食事にしないと食欲低下を招きます。病状を考慮した食事管理をする必要があるので、退院後は宅配サービスの利用がオススメです。

詳細を確認する...

症状となりやすい人

女性

卵巣がんは沈黙の腫瘍と言われ、初期症状がほとんどありません。しかし、骨盤や腹部が傷んだり、食欲が急になくなったり、トイレが近いと言った症状がしばらく続く場合は要注意です。家族に卵巣がんの経験がある人、妊娠出産の経験が無い人などは発症リスクが高くなります。

詳細を確認する...

年齢が高くなると発症する

検査の仕方

看護師

胃がんは、年齢が高くなると発症することがあります。癌の中で、胃がんは肺がんの次に多い病気となっていて、女性の3倍以上男性がかかっています。なので、できれば男性も女性も40歳ごろから毎年胃がんの検査をするといいでしょう。その理由は、早期の治療であれば簡単に胃がんを切除できるからです。しかし、胃がんが進行をしてしまうと治療も複雑になり、薬だけではなく手術や化学療法になります。また、通院だけではなく、入院で長い間闘病することもあるでしょう。最近では、ピロリ菌が胃がんに関係していると研究でわかっています。もし、胃の痛みや吐き気や胸焼けなどの胃の不快感があれば、是非消化器科などに行ってみると良いです。キリキリと痛むその理由を追求しましょう。

日頃できること

胃がんにならないために日頃からできることがあります。胃がんになりにくくするために、塩分を控えるといいでしょう。またインスタント食品の過剰な摂取やお酒の飲みすぎもよくありませんし、過剰な喫煙や肥満も良くありません。できれば、バランスのいい食事をして適度な運動が一番の治療方法になります。また過度のストレスも胃に負担をかけます。適度にストレスを発散してみるのもお勧めです。異常なストレスをためておくと他にも症状がでますので、よく寝て心身供に健康的でいることが胃がんになりにくい体を作ります。それと並行をして、定期的に健康診断を受けてみるといいでしょう。もし、そこで胃がんとわかればすぐに治療を開始できます。長生きするためにも健康診断は必要なものになります。

Copyright ©2015 キリキリと痛むその理由を追求しよう|胃がんに効果的な治療を伝授 All Rights Reserved.